トイレリフォームは自分でできるか?

トイレリフォームは自分でできるものなのでしょうか。基本的にトイレの配管部分の交換は専門の業者でなくてはできませんが、他の部分であれば、一定の知識があれば自分ですることも可能です。

■便座部分のリフォーム

快適にトイレを使う方法の一つに、便座部分のリフォームが考えられます。ヒーター付きの便座であれば、冬場は快適に使うことが出来るようになります。またウオッシュレット付きのトイレであれば、トイレットペーパーの使用量が減りますので、トイレの詰まりの原因を削減することが可能です。



■便器のリフォーム

便器部分をリフォームすることも自分でできます。トイレメーカーから便器を購入して交換するだけです。しかし、便器と配管をきちんとつながないとその部分から水漏れをしてしまいますので、その点については十分にケアフルにトイレリフォームをすると良いでしょう。
正しい知識と工具を活用してトイレリフォームをするようにすることが自分でする場合の鉄則です。不明な点をまずは自分なりにクリアーにすることが必要です。わからないことがある場合には専門の業者に相談してみると良いでしょう。自己判断でトイレリフォームをするとトラブルの原因になります。



■まとめ
トイレリフォームは部分的には自分でやることもできますが、自分でやる場合には正しい知識が必要になります。配管部分の交換は自分ですることはほとんど不可能ですので、専門の業者に依頼しなくてはなりません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ